So-net無料ブログ作成
2010年10月、AEAJ認定アロマテラピーインストラクターを独学で取得。 メインのブログはこちら。 http://aroma-breeze.blog.so-net.ne.jp/ 「AROMA BREEZE」

健康学 (5)疾病とその予防 [健康学]

今日は、健康学の(5)疾病とその予防 です。


(5)疾病とその予防


①日常生活の不調・不定愁訴


・不定愁訴
・・・なんとなく調子が悪い、不調を自覚しても、検査をしても原因がはっきりしない・不調の部位が特定できないということ。自律神経の関与が強い。
疲労感・微熱・頭痛・動悸・のぼせ・全身倦怠感・めまいなど。

更年期(ホルモンバランスの崩れによる)や過度のストレス時に多い。



②心身症
・・・心理生理学的障害。
発症や経過にストレスが関係するもの。
神経症やうつ病などの精神障害とは区別される。
十二指腸潰瘍、胃潰瘍、高血圧症、湿疹、気管支喘息など。(しかしこれら全てが心身症とは限らない。生活習慣など他の要因も関与していることがある。)


・うつ病
・・・ストレスにより心に起こる病気。
抑うつ気分や焦燥、不安など精神機能の低下、集中力や意欲、行動、食欲の低下や不眠などを特徴とする。



③動脈硬化症
・・・動脈の壁が弾力性を失って硬くなること。
そのことにより、血液循環に障害が起こる。
脳血管疾患(脳梗塞・脳出血)や心疾患(心筋梗塞や狭心症)などの要因ともなる。
高血圧症や糖尿病、肥満、脂質異常症、加齢、喫煙、ストレスなどがリスクファクターとなる。


☆アテローム硬化
・・・粥状動脈硬化とも言う。
比較的太い動脈の内部に、中性脂肪やコレステロールなどがこびりついて沈着し、粥状の塊が出来て血管内が細くなり、血流が悪化する。(完全に塞がってしまうこともある。)


④高血圧症
・・・「サイレント・キラー」とも呼ばれる。
自覚症状が殆どないため、それにより長年放置していると、ある日脳血管疾患や心疾患を起こし、場合により死に至ることもある。
こういった合併症を知らず知らず進行させてしまう。

収縮期血圧が140以上、または拡張期血圧が90以上。

動脈硬化症や心疾患、脳血管疾患、などの原因になる。

高血圧症は、動脈硬化症、脂質異常症、糖尿病などの病気や、ストレス、アルコール、塩分の取り過ぎ、喫煙、運動不足、肥満などが原因となる。高血圧症を予防することは、生活習慣病の予防にもつながる。

☆一次性高血圧(本態性高血圧)・・・原因が不明で血圧が高いもの。高血圧症の90%を占める。
☆二次性高血圧・・・原因となる病気あること。





⑤脂質異常症
・・・以前は「高脂血症」と呼ばれていた。
血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪などの脂質が、過剰な状態なこと。
動脈硬化症や各生活習慣病の原因となる。自覚症状はなし。

☆高比重リポタンパク(=HDL)
・・・余分なコレステロールを、身体の各組織や血管壁から肝臓に運ぶ役割をするタンパク質。
善玉コレステロール。
生活習慣病の予防となる。


☆低比重リポタンパク(=LDL)
・・・肝臓で作られたコレステロールを、各組織に運ぶ役割をするタンパク質。
増加すると動脈硬化症を促進させる。悪玉コレステロール。

※この2つは別名や違いも含めて必ず覚えること。


・糖尿病
・・・血液中のブドウ糖が増加し、高血糖状態になること。(血糖値が上手く調節されない。)
膵臓のランゲルハンス島から分泌される、インスリンの欠乏、分泌低下が原因。

糖尿病には、Ⅰ型とⅡ型がある。

・Ⅰ型(インスリン依存型糖尿病)・・・インスリン分泌が極端に低下。
☆原因は定かでなく、若年での発症が特徴。

・Ⅱ型・・・インスリンの分泌が低下、または分泌は行われるがインスリンに対する感受性が弱まる。
☆遺伝や生活習慣病などにより、糖尿病の多くを占める。

高血糖状態が長期間続く→糖尿病性網膜症、糖尿病性腎賞、糖尿病性神経障害などの合併症の恐れあり。



⑦虚血性心疾患
・・・冠動脈の閉塞や狭窄などにより、心筋への血流が阻害されて心臓に障害が起こること。
狭心症、心筋梗塞に分かれる。

・狭心症・・・一過性の虚血状態が起こるもの。(狭心症の発作は1~3分が多く、5分以上になることはない。40歳以上の男性に多く、女性の約3倍の発症率。)

・心筋梗塞・・・虚血状態が継続するため、心筋が壊死する。(一度壊死した心筋は二度と再生しない。)
不整脈などが生じ、心不全を発症することもある。



⑧脳血管疾患(脳卒中)
・・・脳の血管が破れたり、詰まったりして発症する脳の病気。
脳梗塞と脳出血、クモ膜下出血に代表される。
突然症状が起こり、命を取り留めても障害が残り日常生活に不自由をきたすことが多い。

       (脳内出血)・・・脳動脈が破裂、脳内に出血がおこったもの。
・脳出血<
       (クモ膜下出血)・・・脳動脈瘤の破裂などにより、クモ膜下腔に出血がおこったもの。


・脳梗塞・・・脳動脈の狭窄や閉塞により、脳血流が低下・途絶えることにより脳組織が壊死したもの。
(脳動脈硬化巣に血栓が出来る→脳血栓という。(血管が閉塞したもの。)

☆症状・・・比較的ゆっくり表れ、段階的に進行。前駆症状としては手足のしびれや頭痛、ろれつが回らない、めまい等がある。


・脳塞栓・・・血栓や骨折時による骨髄脂肪、癌組織などが血流に乗って運ばれ、脳動脈内に閉塞を起こしたもの。症状は短期間に進む。



⑨骨粗鬆症←漢字で書けるようにしておく。
・・・骨量が著しく低下しもろくなり、骨折を起こしやすくなる状態のこと。(痛みや変形が生じることもある。)
加齢による骨量の減少、運動不足、カルシウムやビタミンD不足、体質や遺伝、薬剤の使用や他の病気、閉経後エストロゲン分泌低下による。(エストロゲン・・・卵胞ホルモン。ステロイドホルモンの一種。骨や脂質の代謝に関与するため、分泌が低下するとコレステロール値を抑えられなくなり、肥満の原因になり得る。)



⑩・・・痛風
・・・血液中の尿酸値が高いことが原因の病気。血液中に溶けきれずに残った尿酸が、尿酸塩の結晶となり関節に溜まって関節炎を起こす。生活習慣病の1つ。かつて「贅沢病」と言われていた。
「痛風」という名前の由来は、「風が吹いても痛い」ことから。
痛風の患者は95%が男性で、30~50 代に多い。(中高年に多い。)

プリン体を含む食品の過剰摂取や、腎機能の低下が一因と言われる。

☆尿酸の元となるものは、「プリン体」。(細胞核中の核酸に含まれ 、殆どの食品にプリン体は含まれている。※核酸を構成する成分。)


・尿酸・・・窒素化合物。
・プリン体の最終代謝物・・・「尿酸」。



・エイズ(=後天性免疫不全症候群)
・・・ヒト免疫不全ウイルス(HIV)への感染により、ヘルパーT細胞の免疫機能が破壊され、後天的に免疫不全になる病気。

感染ルートは、性交渉、血液感染、母子感染などによる。

潜伏期間の後、発症すると日和見感染を生じ、死に至る。

☆日和見感染・・・免疫低下により、健康な状態では普段かからない無害な菌や、弱毒菌に感染すること。

※エイズは別名、侵される細胞名、日和見感染は必ず覚えること。



以上で(5)疾病とその予防は終わりです。お疲れ様でした。

次回は、(6)女性の健康に入ります。








☆参考文献☆
・アロマテラピーコンプリートブック  ライブラ香りの学校 編
・アロマテラピー用語辞典、資格マニュアル  (社)日本アロマ環境協会
・アロマテラピー検定テキスト(1級・2級) (社)日本アロマ環境協会
・アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト  (社)日本アロマ環境協会



★当ブログは、独学でAEAJアロマテラピーインストラクター試験を受験し、合格した個人のブログです。
AEAJ(社)日本アロマ環境協会とは、一切関係がありません。(認定ブログではありません。)

自身の体験を元に、インストラクター試験を独学でチャレンジする方を応援するブログではありますが、
合格を保証するものではありません。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 4

たむ

初めまして!
ブログ、とても参考にさせて頂いておりますm(_ _)m
ひとつ、質問なのですが。。
とても簡潔にまとめられていて、分かりやすいのですが、用語辞典やコンプリートブックにはもっと細かく記載されているのですが、、やはり黒字の所だけが文章に入っていればひとまづ、試験的にはOKなのでしょうか。。?それなら助かるんですがσ(^_^;)
by たむ (2012-02-11 20:37) 

etsu

たむさん、コメントありがとうございます。

ずっと更新せずにすみません・・・。

このブログには、最低限のことしか書いてません。

おっしゃるように、コンプリートブックや用語辞典のほうが細かく記載されてるかと思います(汗

用語辞典でいえば、太字で書かれているものがキーワードです。二次試験対策では、用語辞典に記載されているものが模範解答となります。つまり、太字部分は重要なので、解答には盛り込む必要があります。

ただし、理解してないと文章には書けないと思うので、ただ、太字部分を暗記しても、それだけで合格出来るか。となると疑問ですね。

3月の試験は受験されるのでしょうか?まだまだ寒い日が続きますし、インフルエンザも流行ってます。どうぞ、無理せずにご自愛くださいね。
試験頑張ってください。
by etsu (2012-02-13 21:21) 

たむ

お返事とても嬉しいです!ありがとうございますm(_ _)m
分かりました!今はetsuさんのこのブログの情報と資格マニュアルをみながら重要ポイントをノートに書き込んでいる最中です(始めるのが遅かった。汗
見返すとかなりのボリュームになってしまいました。笑
まずは、これを理解して三月の試験を受けてみます*時間があれば辞典やコンプリートブックで深めていこうと思います(^^)
etsuさんのブログですごく励まされています☆ また更新楽しみにしています♪ お気遣いありがとうございました!頑張ります!



by たむ (2012-02-15 00:11) 

etsu

たむさん、度々コメントありがとうございます。

資格マニュアルはとても大事なので、十分に活用することをおすすめします。

ほったらかし?のブログでごめんなさい、です。でも、そう言って頂けるとすごく、嬉しいです。ありがとうございます。

また、何か質問がありましたら、お気軽にコメントくださいね。
by etsu (2012-02-15 13:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。